証券アナリスト試験の合格の為におすすめの学校や通信講座!

証券アナリスト試験の合格の為におすすめの学校や通信講座

証券アナリストとは?

証券会社や資産運用会社などで産業・企業調査を基に、個別証券の分析・評価を行うのが、リサーチアナリスト(狭義の証券アナリスト)です。

 

 一方、資産運用会社や銀行・保険会社などの機関投資家には、様々な投資目的に適合した証券を組み合わせて、総合的な資産運用に携わるポートフォリオマネージャー(ファンド・マネージャ)という専門職がいます。

 

このほか、投資ストラテジスト、投資アドバイザー、マーケットアナリストなどと呼ばれる職種の方がいます。証券アナリストは、こうした一連の投資の意思決定過程に参画するプロフェッショナルを総称するものとなっています。

 

※証券アナリストの平均年収はかなり高水準です!

 

証券アナリストになるにはどうすればなれるの?

証券アナリストになるには、証券アナリスト通信教育講座の第1次・第2次レベルの通信教育を受講し、さらに第1次・第2次試験に合格し、かつ証券分析の実務経験が3年以上と認定された方が取得できます。

 

業界未経験者の場合、通信教育講座の期間が、第1次・第2次で17ヶ月(1次レベルの8ヶ月間、2次レベルの9ヶ月間)ありますので、2次試験合格までおよそ2年、実務経験が3年で合計でおよそ5年間(最速で)かかります。費用も通信講座位の1次・2次でそれぞれ5万円かかります。参考書などを考えると最低でも15万円程度はかかります。

 

 

 

 

証券アナリスト試験の概要

受験資格
1次試験

1次レベルの通信教育講座の受講を終えた方
(公益社団法人日本証券アナリスト協会が実施の通信教育講座に申し込まなくては、受験資格が得られない。)

 

 

 

科目 受講料(一般受講者)
証券分析とポートフォリオマネジメント 33,900円
財務分析 16,500円
経済 16.500円
3科目一括 55,500円

 

2次試験

1次試験合格者で2次レベルの通信教育講座の受講を終えた方

 

第2次レベル協会通信教育講座

証券分析とポートフォリオマネジメント/コーポレートファイナンスと企業分析/市場と経済の分析/職業倫理・行為基準

 

受講料 4科目一括受講  52,500円

 

試験日程

1次試験(年2回)・・・・@4月下旬頃、A9月下旬頃
2次試験(年1回のみ)・・・・6月(合格発表は7月下旬)

 

 

資格の学校TAC<証券アナリスト>各種コース開講

 

試験内容
1次レベル講座・試験

@証券分析、ポートフォリオ・マネジメント(180分)
A財務分析(90分)
B経済(90分)

 

2次レベル講座・試験

@証券分析、ポートフォリオ・マネジメント
A財務分析
B経済
C職業倫理・行為基準

 

合格基準
1次試験

一定割合の上位得点者の平均得点を基準として合否が決定されます。

 

2次試験

職業倫理・行為基準(配点60点)の得点が一定水準(近年は60%程度)に到達することにより合格となります。
 ただし、午前・午後の両方の試験に出席しなかった場合は、片方が合格最低点に達していても不合格となります。

 

受験料(税込み)
1次試験

経済、財務分析・・・・各3,100円
証券分析とポートフォリオ・マネジメント・・・・6,200円

 

2次試験・・・・8,200円

 

証券アナリスト試験の合格率

(1)証券分析とポートフォリオ・マネジメント
  • 2014年春の受験者数1,703名、合格者838名、合格率49.2%
  • 2014年秋の受験者数1,490名、合格者776名、合格率52.1%
  • 2015年春の受験者数1,769名、合格者903名、合格率51.0%
  • 2015年秋の受験者数1,536名、合格者727名、合格率47.3%

 

(2)財務分析
  • 2014年春の受験者数2,383名、合格者1,221名、合格率51.2%
  • 2014年秋の受験者数1,579名、合格者730名、合格率、46.2%
  • 2015年春の受験者数2,593名、合格者1,292名、合格率49.8%
  • 2015年秋の受験者数1,566名、合格者784名、合格率50.1%

 

(3)経済
  • 2014年春の受験者数2,224名、合格者1,047名、合格率47.1%
  • 2014年秋の受験者数1,602名、合格者823名、合格率51.4%
  • 2015年春の受験者数2,472名、合格者1,218名、合格率49.3%
  • 2015年秋の受験者数1,549名、合格者797名、合格率51.5%

 

※TACの「証券アナリスト講座」の合格実績を見る!

 

証券アナリスト試験に必要な勉強時間

証券アナリスト試験の標準勉強時間は2000時間程度です。 ただし、2000時間とは、受験要件の1次レベル・2次レベル協会通信教育講座の時間を含めた勉強時間です。試験対策としては、300〜500時間は必要と言われています。

 

 

証券アナリスト試験の効率的な勉強法

勉強の中心はやっぱり過去問。1次試験対策としては何をおいても過去問をこなすのが最短の道だと思います。「協会から送られてくる通信講座のテキストだけではダメなのか」と疑問に思う方もいらっしゃるかと思いますが、それはお勧めしません。

 

確かに協会のテキストをすべて理解すれば合格は可能だと思いますが、決して分かりやすい教材とはいえず理解には非常に苦しみます。これを全部読み切る根性と時間があるのならば、1つでも多く過去問に触れる方がよっぽど効率的だと思います。協会テキストを読むのは合格後でも遅くはありません。

 

証券アナリスト試験は、専門学校や通信講座は利用すべきか?

結論から言うと是非利用するべきです。特に初学者は、不明点があると答えを調べるのに多くの時間がかかってしまったり、挫折する可能性が高くなります。専門学校や通信講座は不明点を明確に解答してくれますので、時間のロスや挫折を防止する事ができます。

 

また、専門学校はその分野のプロです。長い期間試験対策を行っていますので、ノウハウや対策に優れています。また、専門学校では、同じ志をもつ仲間がいるので、やる気に繋がります。費用はかかりますが、試験に落ちるデメリットを考えれば、長い目で見るとプラスになるはずです。時間とお金に余裕があれば是非専門学校に通いましょう!

 

 

 

通学スクールのメリット
(1)学習のポイントを自分で見極めなくても教えてもらえる。
(2)試験に出やすい「良問題」をこなすことができる。
(3)時間を必ず確保して勉強できる
(4)テキストを読んでもわからないところを質問できる。

 

通信講座のメリット
(1)最近はWEBやDVDなので、資格専門学校のよい講義を、動画でそのまま受けられる。
(2)近所にスクールがない場合でも受講できる。
(3)自分の好きな時間に受講できる。

 

※TACの「証券アナリスト講座」の合格実績を見る!

 

証券アナリスト試験関連の書籍を探す!

 

楽天で「証券アナリスト試験関連の書籍」を探す

楽天で「証券アナリスト関連の書籍」を探す!

 

アマゾンで「証券アナリスト試験関連の書籍」を探す

証券アナリスト 1次対策総まとめテキスト 財務分析 2016年試験対策

新品価格

¥2,916から
(2016/7/10 01:20時点)

 

証券アナリスト試験の合格の為におすすめの学校や通信講座

証券アナリスト試験でおすすめできるのはTACです。実績NO1の学校です。証券アナリスト試験は受験者数が少ないので、対策講座を行っている学校自体少ないですが、とにかく合格者の使用割合が最も高いテキストは「TAC」といっても過言ではありません。

 

学校・コース紹介 費用

 

 

初学者コース

初めて証券アナリスト試験を目指す方には最適なコースです。年内はインプット中心で、年明けからはアウトプット中心の実践学習で、来年春の1次試験合格を目指します。また、科目別に受験される方へ、科目別パック申込をご用意。基礎から着実にマスターしてください。
 

経験者コース

受験経験者向けのコースでは、演習を重視した内容になっています。基礎〜基本理論を本試験にどう対応させるかに重きを置いて、過去の本試験問題を交えながら実践的な演習をしていきます。

 

オフィシャルサイト

TAC

 

 

200,000円
(初学者コース)

 

 

175,000円
(短期間合格コース)

 

カテゴリー別 おすすめの学校(予備校) おすすめの通信講座(通信教育) 2018最新版!

(1) 法律系 2018最新版!
(2) 施設の責任者関連の試験 2018最新版!
(3) 技能系 2018最新版!
(4) 会計系 2018最新版!
(5) 飲食系 2018最新版!

(6) IT資格・パソコン系 2018最新版!
(7) 受験者数が多い試験 2018最新版!
(8) 不動産系 2018最新版!
(9) 公務員系 2018最新版!
(10) 福祉系 2018最新版!

(11) コンサル系 2018最新版!
(12) 旅行系 2018最新版!
(13) 幼児向け教育 2018最新版!
(14) 小中学生向け教育 2018最新版!
(15) 高校大学受験 2018最新版!

(16) 英語(英会話) 2018最新版!
(17) 家庭教師 2018最新版!
(18) 趣味や特技 2018最新版!
(19) 資格全般と学校全般 2018最新版!

資格系の資料請求

学校名 特徴
資格の大原
圧倒的な勉強量と問題演習で極めて高い合格率・内定率を誇る名門の専門学校です。情熱がある講師のもとで各種試験の合格を目指せます!
オフィシャルサイト
本気になったら大原♪
TAC
講座の特徴. 優秀な講師陣. 優れた指導が合格を実現する情熱あふれる講義とキメ細か な指導で、受験指導のプロが集うTAC講師。 受験生を最短で合格に導くため、試験 傾向を徹底的に分析し、重要ポイントを絞りこんだわかりやすい講義を行います。
オフィシャルサイト
TAC
LEC
特に法律関連の資格(司法書士・司法試験・行政書士・弁理士)に強い予備校です。初学者より中級者向けの授業に定評があります。
オフィシャルサイト
LEC
ユーキャン
ユーキャンのテキストは、初級者にわかりやすい作りが特徴で、 イメージしやすい表現を使っています。 また、通信講座専門校らしく、満点を狙うのではなく、確実に合格できるように、合格点を狙う学習を組んであります。ユーキャンには講義が付いていません。そのためどちらかというと、独学に近い学習になります。
オフィシャルサイト
生涯学習のユーキャン