おすすめの介護・福祉・医療の資格情報サイト【ケア資格ナビ】

おすすめの介護・福祉・医療の資格情報サイト【ケア資格ナビ】

おすすめの介護・福祉・医療の資格情報サイト【ケア資格ナビ】

介護の仕事をするにはどんな資格や研修が必要なのか?

 

日本は、少子高齢化の時代になり、介護・福祉に携わる需要は増える事が容易に想像できます。今後ますます専門知識や経験が活かされる職種になりますし、多くの方が必要とされる仕事です。ケア資格ナビは、介護・福祉・医療に特化した資格情報サイトになっており、介護・福祉・医療業界に進む方におすすめのサイトです。

 

介護・福祉・医療業界は資格の業界とも言えます。介護・福祉・医療に携わる仕事をしたいと考えている方はまず、資格を取得することから始めなければいけません。資格には主なもので 介護職員初任者研修、介護職員実務者研修、介護福祉士、ケアマネジャー、介護予防運動指導員、福祉用具専門相談員、福祉住環境コーディネーター、介護保険事務、医療事務などがあげられます。

 

介護の仕事をするには、まずはどの資格を取るべき?

 

 

介護職員初任者研修を受講後は、実務経験を積みながら介護職員実務者研修を受講し、3年後に介護福祉士、5年後にはケアマネージャーとステップアップしていくことができますので、 入門資格としてまず最初に介護職員初任者研修を受講するのが一般的です。

 

既に介護関連の資格を取得している人が将来的に介護福祉士を目指す場合も、介護職員実務者研修の受講が必須となります。取得している資格に応じて受講科目の免除・時間の短縮ができますので、確認してみましょう。

 

介護職員初任者研修の資格を取るならケア資格ナビで!
全国のスクール情報満載。簡単比較、講座の無料一括資料請求。

 

介護の仕事を資格でみるキャリアアップ

介護予防運動指導員とは?

高齢者が本来持っている身体機能を十分に活かすための効果的なトレーニングや生活習慣の確立を目指し、高齢者の日常生活を支援できるプロとしての技術を身につけます。

 

介護予防とは、要支援・要介護状態にならないようにすることが目的です。高齢者が介護サービスが必要な状態になることをできる限り防ぎ、必要な状態であっても弱っている機能を回復するように指導し、それ以上に悪化しないようにして、いつまでも元気で自分らしく、いきいきと暮らしていくためのトレーニング手段です。

 

体の変化に合わせ、適切な対策を施すことによって、支援を必要とする状態であっても改善されることがわかってきていますので、予防は有効な手段です。

 

今後も高齢化社会の流れは加速すると予想されます。それに伴って介護予防のニーズも増加していくと予想されますが、予防することで、いつまでも健やかで、自立した生活を送れることを目指します。

 

介護予防の資格をとるならケア資格ナビで!

 

実務者研修とは?

介護初任者同様、生活援助、身体援助を行います。指示を受けることなく、介護業務を実践することが求められます。医療的ケアで喀痰吸引や経管栄養についてシミュレーターなどを使うことを求められます。

 

介護職員実務者研修は、幅広い介護技能はもちろん、体系的な医学知識や医療制度について、実務では習得しにくい 医療的ケアの知識なども学ぶことができます。また、医療行為である「たん吸引」や「経管栄養」についてシミュレーターなどで技術を学ぶことができます。ケアマネージャー・介護福祉士になる為には、必須の研修となります。

 

ケアマネージャーとは?

ケアマネージャーは介護支援専門員とも言い、利用者の希望や心身の状態にあったサービスを利用できるよう、ケアプランを作成するのが主な仕事です。自治体、在宅サービス事業者、介護保険施設などとの連絡調整を行う大切な役割を担っています。

 

重要な職種だけに受験資格は厳しく、医療・福祉分野の有資格者で5年以上の実務経験が必要です。試験に合格するだけでなく、その後の実務研修を受けて、初めてケアマネージャーとして働くことができます。

 

介護福祉士とは?

介護福祉士は、お年寄りや身体の不自由な方の介護をする専門職。食事や入浴、車いすでの移動補助などの身体介護や、利用者への相談・助言などを行います。介護サービスの中心となる、重要な存在です。

 

介護福祉士のおもなお仕事

介護福祉士は、おもに3つの領域について介護業務を行っています。このほかにも、ヘルパーの指導や介護計画作成なども行います。

 

介護福祉士の資格をとるならケア資格ナビで!

 

 

 

認定介護福祉士とは?

認定介護福祉士の役割として想定されているのは、介護チームのリーダー(ユニットや5〜10名の介護職によるサービス提供チーム、サービス提供責任者など)に対する教育指導、サービスのマネジメント、介護チームのサービスの質を向上させるということです。

 

つまり、介護職員をまとめる主任級の介護職員への指導者となるものが認定介護福祉士なのです。そして、利用者の生活支援に関わる他職種、例えば、看護チームやリハビリチーム、ソーシャルワーカーチームなどと介護チームの連携や協働となるための中核的役割も求められます。

 

認定介護福祉士になる人

どんな人材が認定介護福祉士となるのか、国が想定している要件として以下のような職務経験や能力が必要と考えられています。

 

  1. 実務経験が7〜8年以上ある人。
  2. 介護チームのリーダーとしての実務経験がある人。
  3. 施設介護、在宅介護の双方で生活支援の経験をもつ人。

 

このような要件とともに、十分な介護実践力と介護チームの教育指導、サービスのマネジメントをする力が必要とされます。

 

 

ケア資格ナビは、介護・福祉・医療の資格取得を目指す皆様のお手伝いを致します。

(1)介護・福祉・医療の資格の内容や取得方法をナビゲート
(2)全国の資格講座を開講しているスクールから、気になる資格の講座を簡単に一括資料請求
(3)ケア資格ナビのサービスは全て無料!

 

 

福祉用具専門相談員の資格を取るならケア資格ナビで!
全国のスクール情報満載。簡単比較、講座の無料一括資料請求。

カテゴリー別 おすすめの学校(予備校) おすすめの通信講座(通信教育) 2018最新版!

(1) 法律系 2018最新版!
(2) 施設の責任者関連の試験 2018最新版!
(3) 技能系 2018最新版!
(4) 会計系 2018最新版!
(5) 飲食系 2018最新版!

(6) IT資格・パソコン系 2018最新版!
(7) 受験者数が多い試験 2018最新版!
(8) 不動産系 2018最新版!
(9) 公務員系 2018最新版!
(10) 福祉系 2018最新版!

(11) コンサル系 2018最新版!
(12) 旅行系 2018最新版!
(13) 幼児向け教育 2018最新版!
(14) 小中学生向け教育 2018最新版!
(15) 高校大学受験 2018最新版!

(16) 英語(英会話) 2018最新版!
(17) 家庭教師 2018最新版!
(18) 趣味や特技 2018最新版!
(19) 資格全般と学校全般 2018最新版!

資格系の資料請求

学校名 特徴
資格の大原
圧倒的な勉強量と問題演習で極めて高い合格率・内定率を誇る名門の専門学校です。情熱がある講師のもとで各種試験の合格を目指せます!
オフィシャルサイト
本気になったら大原♪
TAC
講座の特徴. 優秀な講師陣. 優れた指導が合格を実現する情熱あふれる講義とキメ細か な指導で、受験指導のプロが集うTAC講師。 受験生を最短で合格に導くため、試験 傾向を徹底的に分析し、重要ポイントを絞りこんだわかりやすい講義を行います。
オフィシャルサイト
TAC
LEC
特に法律関連の資格(司法書士・司法試験・行政書士・弁理士)に強い予備校です。初学者より中級者向けの授業に定評があります。
オフィシャルサイト
LEC
ユーキャン
ユーキャンのテキストは、初級者にわかりやすい作りが特徴で、 イメージしやすい表現を使っています。 また、通信講座専門校らしく、満点を狙うのではなく、確実に合格できるように、合格点を狙う学習を組んであります。ユーキャンには講義が付いていません。そのためどちらかというと、独学に近い学習になります。
オフィシャルサイト
生涯学習のユーキャン