管理栄養士試験の合格には予備校や通信教育を使うべきか?

管理栄養士試験の合格には予備校や通信教育を使うべきか?

管理栄養士とは?

管理栄養士は、厚生労働大臣の免許を受けた国家資格です。病気を患っている方や高齢で食事がとりづらくなっている方、健康な方一人ひとりに合わせて専門的な知識と技術を持って栄養指導や給食管理を行います。一方、栄養士は都道府県知事の免許を受けた国家資格で、主に健康な方を対象にして栄養指導や給食の運営を行います。

 

管理栄養士の気になる年収は?

管理栄養士の平均年収は、350〜400万円位(20〜30歳代)になっています。ただし、公務員(保健所、栄養教諭、学校など)は定期昇給が定められていますので、年収も勤続年数と比例することになります。

 

国家公務員の栄養士は、一般職の医療職俸給表(二)に該当します。平均 年齢45.5歳平均月給が353,856円(平成23年4月現在)です。年に2回以上の賞与があります。年収に換算すれば約600万円前後になります。管理栄養士で高待遇を希望される場合、公務員がおすすめといえます。

 

管理栄養士試験の概要

受験資格者は?

栄養士免許を取得した者で、次のいずれかの条件を満たしている者

  1. 管理栄養士養成施設で4年間受講した者
  2. 栄養士養成施設(2年)を受講し、且つ実務経験が3年以上の者
  3. 栄養士養成施設(3年)を受講し、且つ実務経験が2年以上の者
  4. 栄養士養成施設(4年)を受講し、且つ実務経験が1年以上の者

 

 

管理栄養士試験の試験日はいつ頃?

管理栄養士の国家試験は年に1回、毎年3月中旬ごろに実施されます。

 

試験の内容は?

試験は午前の部99問、午後の部101問、計200問(平成28年度試験)で構成されており、受験科目は社会・環境と健康、人体の構造と機能及び疾病の成り立ち、食べ物と健康、基礎栄養学、応用栄養学、栄養教育論、臨床栄養学、公衆栄養学、給食経営管理論の10科目となっています。

 

 

  科目 時間
午前
  1. 社会・環境と健康 : 17問
  2. 人体の構造と機能及び疾病の成り立ち : 27問
  3. 食べ物と健康 : 25問
  4. 基礎栄養学 : 14問
  5. 応用栄養学 : 16問

合計 99問

 

2時間30分
午後
  1. 栄養教育論 : 15問
  2. 臨床栄養学 : 28問
  3. 公衆栄養学 : 18問
  4. 給食経営管理論 : 20問
  5. 応用力試験 : 20問

 合計 101問

 

2時間35分

 

管理栄養士試験の合格率

厚生労働省が発表する情報によると、平成27年度の合格率は、管理栄養士養成課程(新卒)が85.1%、管理栄養士養成課程(既卒)が5.4%、栄養士養成課程(既卒)が9.2%、全体では44.7%です。

 

新卒生の合格率が90%前後であるのに対して、既卒生の合格率は20〜5%と圧倒的に低い状況にあります。
この原因としては、新卒者は学校で国家試験対策講座を受けて受験する為です。一方の既卒の場合、仕事をしながら勉強しなければならない受験生がほとんどで、合格率がさほど上がらない状況にあります。この数字からも分かるとおり、しっかりと試験対策を行わないと合格することができない試験と言えます。

 

 

 

管理栄養士試験に必要な勉強時間

管理栄養士試験に合格した人は専門学校や予備校に通っている方が多く、管理栄養士通学講座の授業が、大体80〜120時間程度。 通信講座の場合は、テキストをこなす時間が、100〜150時間程度必要だといわれています。

 

それ以外に、苦手な分野の克服や総まとめ、復習などを行う時間を含めると、 200〜300時間程度の勉強時間を必要とします。毎日2時間でも100〜150日ですので、試験日の3月から逆算すると遅くとも9月までには学習を開始しないと合格に必要な学習時間を確保できなくなる可能性が高くなります。

 

管理栄養士試験は独学で合格できるのか?

上記の合格者の統計を見てもらうと、試験対策がいかに重要か理解できると思います。1年に1回のとても大切な試験ですので、一発で合格するのであれば、独学ではなく、予備校や専門学校(通信教育)を活用するべきです。費用はかかりますが、トータルで考えれば安いものです。

 

予備校や専門学校(通信教育)は、管理栄養士試験のプロです。カリキュラムに従って学習や問題演習を行えば必ず合格する可能性は高くなります。管理栄養士として今後活躍するための基礎をしっかりと作るためにも、予備校や専門学校(通信教育)がおすすめです。

 

管理栄養士試験関連のテキスト本・参考書・問題集を探す!

楽天で「管理栄養士試験関連の書籍」を探す

楽天で「管理栄養士試験関連の書籍」を探す!

 

管理栄養士試験の合格におすすめの学校と通信講座

管理栄養士試験の合格におすすめの学校と通信講座
学校名 学校・コース紹介 費用
生涯学習のユーキャン

(実績・テキスト内容・サポート・価格)の総合判断で「おすすめNO1」!

 

管理栄養士の試験範囲は幅広く、「独学での合格は容易ではない。」といった声もしばしば。

 

 ユーキャンならメインテキストは出題傾向を研究し、重要ポイントを効率よく学べる工夫が満載だから、忙しい方でも無理なく試験合格が狙えます!

オフィシャルサイト

生涯学習のユーキャン

 

59,000円
(通信教育)

東京アカデミー

しっかりと学習したい方におすすめNO2!

 

東京アカデミーの通学講座は、基礎的な知識の習得はもちろんのこと、科目の枠を越えて総合的に考察できる実践力を習得するまで、総合的にサポートできるカリキュラムで万全の対応をいたします。

オフィシャルサイト

東京アカデミー

 

206,000円
(通学コース)

SGS総合栄養学院

しっかりと学習したい方におすすめNO1!

 

SGSは管理栄養士受験対策36年の実績で管理栄養士を目指す方に合格できるようサポートしてくれます。

オフィシャルサイト

SGS総合栄養学院

 

194,400
(通信と月1回のセミナーコース)

 

カテゴリー別 おすすめの学校(予備校) おすすめの通信講座(通信教育) 2018最新版!

(1) 法律系 2018最新版!
(2) 施設の責任者関連の試験 2018最新版!
(3) 技能系 2018最新版!
(4) 会計系 2018最新版!
(5) 飲食系 2018最新版!

(6) IT資格・パソコン系 2018最新版!
(7) 受験者数が多い試験 2018最新版!
(8) 不動産系 2018最新版!
(9) 公務員系 2018最新版!
(10) 福祉系 2018最新版!

(11) コンサル系 2018最新版!
(12) 旅行系 2018最新版!
(13) 幼児向け教育 2018最新版!
(14) 小中学生向け教育 2018最新版!
(15) 高校大学受験 2018最新版!

(16) 英語(英会話) 2018最新版!
(17) 家庭教師 2018最新版!
(18) 趣味や特技 2018最新版!
(19) 資格全般と学校全般 2018最新版!

資格系の資料請求

学校名 特徴
資格の大原
圧倒的な勉強量と問題演習で極めて高い合格率・内定率を誇る名門の専門学校です。情熱がある講師のもとで各種試験の合格を目指せます!
オフィシャルサイト
本気になったら大原♪
TAC
講座の特徴. 優秀な講師陣. 優れた指導が合格を実現する情熱あふれる講義とキメ細か な指導で、受験指導のプロが集うTAC講師。 受験生を最短で合格に導くため、試験 傾向を徹底的に分析し、重要ポイントを絞りこんだわかりやすい講義を行います。
オフィシャルサイト
TAC
LEC
特に法律関連の資格(司法書士・司法試験・行政書士・弁理士)に強い予備校です。初学者より中級者向けの授業に定評があります。
オフィシャルサイト
LEC
ユーキャン
ユーキャンのテキストは、初級者にわかりやすい作りが特徴で、 イメージしやすい表現を使っています。 また、通信講座専門校らしく、満点を狙うのではなく、確実に合格できるように、合格点を狙う学習を組んであります。ユーキャンには講義が付いていません。そのためどちらかというと、独学に近い学習になります。
オフィシャルサイト
生涯学習のユーキャン