2級電気工事施工管理技士試験のまとめ!最新版!

2級電気工事施工管理技士試験のまとめ!最新版!

電気工事施工管理技士とは?

電気工事施工管理技士とは、施工計画、施工図の作成、工程管理、安全管理など施工時の管理・監督をするために必要な資格です。近年の電気設備工事は、施工技術の高度化、専門化、多様化が一段と進展しています。

 

電気工事の適性かつ円滑な施工を行なう施工管理技術者の技術向上を図ることを目的として国土交通省が定めた国家資格です。

 

 

 

電気工事施工管理技士の気になる年収は?

電気工事施工管理技士の平均年収は460万円です。業界の平均年齢が40歳程度と言われていますので、平均年収としてはそれほど高くないです。ただし、勤務地や経験年数により大きく待遇が異なります。特にゼネコン大手ですと、月収63万円+ボーナス125万円という求人もあります。

 

また、独立(企業)した電気工事施工管理技士の収入は、1000万を超えるケースもあります。電気工事関連の企業に勤める場合には、少しでも早く取得したい資格と言えます。

 

 

 

2級電気工事施工管理技士を取得する3つのメリット

(1)一般建設業のうち、「電気工事業」の許可を受ける際に必要な営業所の専任の技術者として認められます。

 

(2)上記業種の建設工事における主任技術者として認められます。

 

(3)経営事項審査制度により、資格者1人あたり2点が企業の得点として加えられ、地方公共団体等が発注する公共工事を受注する際の技術力として評価されます。

 

2級電気工事施工管理技士試験の概要

2級電気工事施工管理技術検定試験には3つの試験区分があります。
(1)学科・実地試験

所定の実務経験年数を満たした方が受験できます。

 

(2)実地のみ試験

学科試験免除者で所定の実務経験年数を満たした方が受験できます。

 

(3)学科のみ試験

実務経験を積む前に受験することができます。この制度によって学科試験に合格した方は定められた期間内に所定の実務経験年数を満たすと実地試験を受験することができます。

 

受験資格

※詳細につきましては、オフィシャルサイトをご確認下さい。

 

(1)学科・実地試験受験

(下記(1)〜(4)のいずれかに該当する方)

区分 最終学歴または資格 実務経験年数
指定学科卒業 指定学科以外卒業
(1)

大学
専門学校の「高度専門士」

卒業後1年以上 卒業後1年6ヶ月以上

短期大学
5年制高等専門学校
専門学校の「専門士」

卒業後2年以上 卒業後3年以上

高等学校
専門学校の「専門課程」

卒業後3年以上 卒業後4年6ヶ月以上
その他(最終学歴を問わず) 8年以上
(2) 電気事業法による第一種、第二種または第三種電気主任技術者免状の交付を受けた者

1年以上
(交付後ではなく通算)

(3) 電気工事士法による第一種電気工事士免状の交付を受けた者 実務経験年数は問いません
(4) 電気工事士法による第二種電気工事士免状の交付を受けた者(旧・電気工事士を含む)

1年以上
(交付後ではなく通算)

 

(2)実地試験のみ受験

次にあげる[1]または[2]のいずれかに該当し「学科・実地試験受験」の受検資格を有する者は、学科試験免除となります。


[1] 技術士法による技術士の第二次試験のうちで技術部門を電気電子部門、建設部門又は総合技術監理部門(選択科目を電気電子部門又は建設部門に係るもの)に合格した者

 

[2] 2級電気工事施工管理技術検定試験の「学科試験のみ受験」の合格者で有効期間内の者

 

(3)学科試験のみ受験

試験実施年度において満17歳以上となる方

 

申込受付期間 

インターネット申込受付期間:平成29年 6月30日(金)?7月28日(金)
書面申込受付期間:平成29年 7月14日(金)?7月28日(金)[消印有効]

 

試験日

平成30年 11月11日(日)

 

学科試験(平成27年度の例)

【試験時間】2時間30分

【解答形式】全問 四肢択一式

【出題数・解答数】出題64問、うち40問を選択して解答

 

実地試験(平成27年度の例)

【試験時間】2時間

【解答形式】全問 記述形式

【出題数・解答数】出題5問(全問必須)

 

試験地

札幌・青森・仙台・東京・新潟・金沢・名古屋・大阪・広島・高松・福岡・鹿児島・沖縄

 

※なお、学生(高校、5年制高等専門学校、短期大学、専門学校、大学など)を対象に、次の試験地でも学科試験のみ受験の申込を受け付けます。(この試験地で受験をご希望の場合は、「個人申込」ではなく「学校申込」にて手続きを行ってください。)

 

(帯広・盛岡・秋田・長野・出雲・倉敷・高知・長崎)

 

※JTEXの「2級電気工事施工管理技士受験講座」の詳細を見る!

 

2級電気工事施工管理技士試験の合格率

2級電気工事施工管理技士試験の合格率は、学科が60%程度で実地が45%程度になっています。合格率が高い試験ですが、決して易しい試験ではありません。また、受験チャンスも1年に1回ですので、一回で合格するには、しっかりとした対策が必要です。

 

区分 20年度(%) 21年度(%) 22年度(%) 23年度(%) 24年度(%) 25年度(%) 26年度(%) 27年度(%)
1級 学科 44.3 28.7 38.4 42.5 45.9 45.8 35.6 45.1
実地 61.6 73.1 66.3 64.6 62.6 58.4 63.1 63.4
2級 学科 62.1 59.2 63.7 55.1 60.4 67.1 54.4 55.2
実地 47.0 49.1 45.0 47.9 41.6 44.9 39.0 40.4

 

2級電気工事施工管理技士試験の合格に必要な勉強時間は?

2級電気工事施工管理技士試験の合格に必要な勉強時間は、200時間程度と言われています。もちろん学生時代の学習や社会経験により必要とする時間は異なります。200時間学習するには、平日2時間、休日6〜8時間で(月間100時間)2ヶ月前後は必要になります。

 

電気工事施工管理技士試験を受験する多くの方は、仕事と学習の両立をしなければなりません。これは大変厳しい環境です。休日にまとめて学習しようと考えると必ず失敗します。日々の積み重ねが重要になります。

 

通勤時間を復習に充てるとか、昼休みに少しずつ学習するなどスキマ時間を効率よく使えるかが合格へのポイントになります。

 

 

 

2級電気工事施工管理技士試験は独学で合格できるのか?

初学者にとっては、2級電気工事施工管理技士試験の学習は理解が難しい場合があります。解説の意味がわからなかったり、解答できるまでにかなりの時間がかかる場合あります。

 

通信講座など2級電気工事施工管理技士試験のプロのカリキュラムを利用したほうが、効率よく効果的に学習できますので、結果的に合格率は飛躍的に向上します。

 

学生を卒業して試験を受けるのが久しぶりの方は、どこから学習したら良いのか?試験対策にどのくらいの期間が必要なのか?など不慣れな点が多いですので、通信講座等を利用するとスムーズに学習できます!
 
どんな試験にも言えることですが、試験に合格することがゴールではありません。資格をしっかりと活用して職場で継続して正しく運用していくことがゴールになります。

 

そのために合格さえすれば良いのではなく、しっかりと学習した内容を理解することが重要になります。そのような意味でも通信講座などを利用し、しっかりと学習することが必要と言えます。

 

※JTEXの「2級電気工事施工管理技士受験講座」の詳細を見る!

 

 

2級電気工事施工管理技士試験関連のテキスト本・参考書・問題集を探す!

楽天で「2級電気工事施工管理技士試験関連の書籍」を探す

楽天で「2級電気工事施工管理技士試験関連の書籍」を探す!

 

アマゾンで「2級電気工事施工管理技士試験関連の書籍」を探す

最速合格!2級電気工事施工管理技士試験“学科”50回テスト (国家資格シリーズ251)

新品価格

¥1,836から
(2016/8/4 11:10時点)

 

2級電気工事施工管理技士試験の合格におすすめの学校と通信講座

2級電気工事施工管理技士試験の合格におすすめの学校と通信講座
学校名 学校・コース紹介 費用

JTEX

総合おすすめNO1!

2級電気工事施工管理技士の資格試験は、決して簡単なものではありません。なぜなら、学科と実地の2つの試験があるからです。学科の学習とともに、実地の対策も行わなければならないので、非常に効率性が求められます。

 

よって、本講座では、学科・実地の両方に対応できるようなテキスト4冊をご用意しております。テキストを4冊にすることにより、解説を詳しく載せ、誰でも理解することができる作りになっています。

 

また、4ヶ月目にある模擬テストでは、62問中40問回答という膨大な問題にチャレンジしていただきます。これが、本番前の腕試しや、弱点発見につながり、受講者の方に安心して本番の試験に臨むことができるように作られています。

 

4冊のテキスト、レポート、模擬問題、そして講師に直接質問することができるというのが本講座です。また、4万円から5万円が相場と言われている中で、非常に安い講座と言えます!受講されている方が確実に合格できるように、全力でサポートいたします!私たちと一緒に合格目指してがんばりましょう!

 

オフィシャルサイト

JTEX

 

27,000 円

 

 

カテゴリー別 おすすめの学校(予備校) おすすめの通信講座(通信教育) 2018最新版!

(1) 法律系 2018最新版!
(2) 施設の責任者関連の試験 2018最新版!
(3) 技能系 2018最新版!
(4) 会計系 2018最新版!
(5) 飲食系 2018最新版!

(6) IT資格・パソコン系 2018最新版!
(7) 受験者数が多い試験 2018最新版!
(8) 不動産系 2018最新版!
(9) 公務員系 2018最新版!
(10) 福祉系 2018最新版!

(11) コンサル系 2018最新版!
(12) 旅行系 2018最新版!
(13) 幼児向け教育 2018最新版!
(14) 小中学生向け教育 2018最新版!
(15) 高校大学受験 2018最新版!

(16) 英語(英会話) 2018最新版!
(17) 家庭教師 2018最新版!
(18) 趣味や特技 2018最新版!
(19) 資格全般と学校全般 2018最新版!

資格系の資料請求

学校名 特徴
資格の大原
圧倒的な勉強量と問題演習で極めて高い合格率・内定率を誇る名門の専門学校です。情熱がある講師のもとで各種試験の合格を目指せます!
オフィシャルサイト
本気になったら大原♪
TAC
講座の特徴. 優秀な講師陣. 優れた指導が合格を実現する情熱あふれる講義とキメ細か な指導で、受験指導のプロが集うTAC講師。 受験生を最短で合格に導くため、試験 傾向を徹底的に分析し、重要ポイントを絞りこんだわかりやすい講義を行います。
オフィシャルサイト
TAC
LEC
特に法律関連の資格(司法書士・司法試験・行政書士・弁理士)に強い予備校です。初学者より中級者向けの授業に定評があります。
オフィシャルサイト
LEC
ユーキャン
ユーキャンのテキストは、初級者にわかりやすい作りが特徴で、 イメージしやすい表現を使っています。 また、通信講座専門校らしく、満点を狙うのではなく、確実に合格できるように、合格点を狙う学習を組んであります。ユーキャンには講義が付いていません。そのためどちらかというと、独学に近い学習になります。
オフィシャルサイト
生涯学習のユーキャン