ビル管理技術者試験のまとめ!最新版!

ビル管理技術者(建築物環境衛生管理技術者)試験のまとめ!

2016最新版!

ビル管理技術者(建築物環境衛生管理技術者)とは?

ビル管理技術者(正式名称:建築物環境衛生管理技術者)とは、面積が3,000平方メートル以上の店舗や事務所、博物館、ホテル、公共施設や8,000平方メートル以上の学校施設には、必ずこの資格保持者をひとり選任しなくてはなりません。大型のショッピングセンターや高層オフィスビルが該当する建物になります。

 

 

この資格は、単にビルの備品や設備を点検したり整備したりする管理人のような仕事をするものではありません。建築構造や設備、室内環境や衛生に関する知識に基づいて、給・排水、清掃、害虫・ねずみ防除、廃棄物などといったビル管理に関する幅広い事柄を管理する仕事です。

 

ただし、この資格を持っている方が実際に作業をするわけではありません。 専門の業者を選び、契約し、仕事を監督し、結果を管理するのが主な職務です。

 

 

ビル管理技術者は、ビルを安全で衛生的に管理する上で改善する必要があると判断した場合は、テナントに入っている人やビルのオーナーにも意見できる権限があります。その為には、建築物内で生じる健康問題についての知識や、ビルを管理していくマネジメント能力が必要とされます。

 

この仕事は、ある程度経験を積んだ壮年以降の人の方が適性ある資格といえます。定年後に活用できる資格でもあるので、これからも需要が高まっていく資格の一つと言えます。

 

 

ビル管理技術者を取得するメリットは?
(1)就職・転職に有利になる

面積が3,000平方メートル以上の店舗や事務所、博物館、ホテル、公共施設や8,000平方メートル以上の学校施設には、必ずこの資格保持者をひとり選任しなくてはなりません。ビル管理技術者を取得すれば就職先の選択肢の幅が広がります。(ビル管理技術者以外の資格を持っているとさらに就職に便利になります。消防設備点検有資格者・2級ボイラー・危険物取扱者(乙種4類)など)

 

 

(2)資格手当が支給される

ビル管理技術者は大型の建物では必須の資格なので、取得者に資格手当を付与する事業者も多く、受験費用などすぐに回収できてしまう場合が多いです。

 

(3)定年後も仕事ができる

業務の特性上(指導・交渉が多い)、壮年以降の人の方が適性ある資格なので、定年後の再就職に強い見方になっています。

 

ビル管理技術者試験の概要

受験資格
2年以上の実務経験が必要となります。

興行場(映画館、劇場等)、百貨店、集会場(公民館、結婚式場、市民ホール)、図書館、博物館、美術館、遊技場(ボーリング場等) 、店舗又は事務所 、学校(研修所を含む) 、旅館、ホテル などの特定建物の環境衛生上の維持管理に関する実務に2年以上従事した者です。

 

※詳しくはオフィシャルサイトをご確認下さい

 

試験科目

※出題形式は180問、五肢択一、マークシート方式です。

<午前>

時間 

時間割

9:00〜9:30

受験上の注意

9:30〜12:30

建築物衛生行政概論 (20問)

建築物の環境衛生 (25問)

空気環境の調整 (45問)

12:30〜13:15

休憩

<午後>

時間 

時間割

13:15〜13:30

受験上の注意

13:30〜16:30

建築物の構造概論 (15問)

給水及び排水の管理 (35問)

清掃 (25問)

ねずみ、昆虫等の防除 (15問)

 

出題傾向

「ビル管理技術者」試験は、問題数が合計180問と非常に多く出題されます。また、きわめて広範囲の知識と技能が求められます。ここ数年の出題の傾向として、環境問題に関する出題が急増しております。 出題形式は、五肢択一、マークシート方式です。

 

出題のレベルは、難問と中程度の問題、比較的やさしい問題に区分されますが、難問の出題は10%程度ですので、基本事項をしっかりと押さえておくことで合格ラインに達することが出来ます。

 

受験料  

13,900円

 

試験会場

札幌市、仙台市、東京都、名古屋市、大阪市、福岡市

 

試験日

(例年)10月上旬の日曜日

 


※JTEXの「ビル管理技術者受験講座」の詳細を見る!

 

ビル管理技術者試験の合格率

ビル管理技術者試験の合格率は、平均すると20%程度になっており、合格率の低い試験になっています。ビル管理技術者試験は、受験資格のある試験であり、ある程度の経験者が受験します。そのような状況で合格率が10%(平成25年)という低い場合もありますので、しっかりと試験対策を行わないと合格できない試験です。

 

年度 受験者数 合格者数 合格率
2008年(平成20年) 9,312人 1,666人 17.9%
2009年(平成21年) 9,918人 1,827人 18.4%
2010年(平成22年) 10,194人 1,700人 16.7%
2011年(平成23年) 10,241人 1,367人 13.3%
2012年(平成24年) 10,599人 3,467人 32.7%
2013年(平成25年) 9,441人 1,000人 10.6%
2014年(平成25年) 10,095人 2,335人 23.1%
2015年(平成27年) 9,827人 1,861人 18.9%

 

ビル管理技術者試験の合格に必要な勉強時間は?

ビル管理技術者試験は、専門的な分野の試験ですので、基礎をしっかりと学び(インプット)、試験対策(アウトプット)を考えた場合、200〜300時間程度が必要な試験といわれています。200〜300時間学習するには、平日2時間、休日6〜8時間で(月間100時間)2〜3ヶ月前後は必要になります。多くの方は、1日あたりの学習時間は上記より少ないと思いますので、期間的には5.6ヶ月は必要になります。

 

ビル管理技術者試験を受験する多くの方は、仕事と学習の両立をしなければなりません。これは大変厳しい環境です。休日にまとめて学習しようと考えると必ず失敗します。日々の積み重ねが重要になります。通勤時間を復習に充てるとか、昼休みに少しずつ学習するなどスキマ時間を効率よく使えるかが合格へのポイントになります。

 

 

ビル管理技術者試験は独学で合格できるのか?

初学者にとっては、ビル管理技術者試験の学習は理解が難しい場合があります。解説の意味がわからなかったり、解答できるまでにかなりの時間がかかる場合あります。通信講座などビル管理技術者試験のプロのカリキュラムを利用したほうが、効率よく効果的に学習できますので、結果的に合格率は飛躍的に向上します。

 

学生を卒業して試験を受けるのが久しぶりの方は、どこから学習したら良いのか?試験対策にどのくらいの期間が必要なのか?など不慣れな点が多いですので、通信講座等を利用するとスムーズに学習できます!

 

どんな試験にも言えることですが、試験に合格することがゴールではありません。資格をしっかりと活用して職場で継続して正しく運用していくことがゴールになります。そのために合格さえすれば良いのではなく、しっかりと学習した内容を理解することが重要になります。そのような意味でも通信講座などを利用し、しっかりと学習することが必要と言えます。

 

※JTEXの「ビル管理技術者受験講座」の詳細を見る!

 

 

ビル管理技術者試験関連のテキスト本・参考書・問題集を探す!

楽天で「ビル管理技術者試験関連の書籍」を探す

楽天で「ビル管理技術者試験関連の書籍」を探す!

 

アマゾンで「ビル管理技術者試験関連の書籍」を探す

2016年版 全7科目254分類 ビル管理技術者試験問題集

新品価格

¥2,808から
(2016/8/9 11:15時点)

 

ビル管理技術者試験の合格におすすめの学校と通信講座

ビル管理技術者試験の合格におすすめの学校と通信講座
学校名 学校・コース紹介 費用

JTEX

総合おすすめNO1!
ビル管理技術者試験は、180問という非常に多くの問題を解いていかなければなりません。そのため、正しい知識を吸収することと、問題形式に慣れるという2点が必要となります。

 

正しい知識を吸収する=試験範囲を網羅したテキスト、問題形式に慣れる=過去問による学習ということになります。よって、これらの講座を作り上げていくために、多くの講座は4万円や5万円といった、高額な講座になりがちです。

 

中には、10万円を超えるようなDVD講座もあり、資格取得を目指したいけど、金銭的な面であきらめしまう方もいらっしゃいます。

 

しかし、JTEXでは相場価格のおよそ半額の価格で講座をご提供しています。安いからといって内容が手抜きというわけではありません。10年分の過去問、さらには4回のレポート添削と充実の内容です。

 

オフィシャルサイト

JTEX

 

25,920 円

カテゴリー別 おすすめの学校(予備校) おすすめの通信講座(通信教育) 2018最新版!

(1) 法律系 2018最新版!
(2) 施設の責任者関連の試験 2018最新版!
(3) 技能系 2018最新版!
(4) 会計系 2018最新版!
(5) 飲食系 2018最新版!

(6) IT資格・パソコン系 2018最新版!
(7) 受験者数が多い試験 2018最新版!
(8) 不動産系 2018最新版!
(9) 公務員系 2018最新版!
(10) 福祉系 2018最新版!

(11) コンサル系 2018最新版!
(12) 旅行系 2018最新版!
(13) 幼児向け教育 2018最新版!
(14) 小中学生向け教育 2018最新版!
(15) 高校大学受験 2018最新版!

(16) 英語(英会話) 2018最新版!
(17) 家庭教師 2018最新版!
(18) 趣味や特技 2018最新版!
(19) 資格全般と学校全般 2018最新版!

資格系の資料請求

学校名 特徴
資格の大原
圧倒的な勉強量と問題演習で極めて高い合格率・内定率を誇る名門の専門学校です。情熱がある講師のもとで各種試験の合格を目指せます!
オフィシャルサイト
本気になったら大原♪
TAC
講座の特徴. 優秀な講師陣. 優れた指導が合格を実現する情熱あふれる講義とキメ細か な指導で、受験指導のプロが集うTAC講師。 受験生を最短で合格に導くため、試験 傾向を徹底的に分析し、重要ポイントを絞りこんだわかりやすい講義を行います。
オフィシャルサイト
TAC
LEC
特に法律関連の資格(司法書士・司法試験・行政書士・弁理士)に強い予備校です。初学者より中級者向けの授業に定評があります。
オフィシャルサイト
LEC
ユーキャン
ユーキャンのテキストは、初級者にわかりやすい作りが特徴で、 イメージしやすい表現を使っています。 また、通信講座専門校らしく、満点を狙うのではなく、確実に合格できるように、合格点を狙う学習を組んであります。ユーキャンには講義が付いていません。そのためどちらかというと、独学に近い学習になります。
オフィシャルサイト
生涯学習のユーキャン