土地家屋調査士試験に1回で合格する為の勉強方法とは?

土地家屋調査士試験に1回で合格する為の勉強方法とは?

土地家屋調査士とは?

土地家屋調査士の仕事は、不動産の表題登記を行うために必要な測量をして図面を書き、登記申請書を書いて登記手続きを行うことです。この不動産の表題登記を、他人から依頼を受けて行うことができるのは、土地家屋調査士のみであり、独占業務として認められるものです。

 

※下記の動画は、土地家屋調査士の仕事内容を簡単に説明したものです。

 

 

土地家屋調査士試験の概要

受験資格 制限なし(どなたでも受験できます)
願書配布・受付 例年5月上旬〜 各都道府県(地方)法務局で配布・受付
受験地 全国9箇所
受験料 7,200円(平成26年度)
筆記試験
試験日

例年:8月第4日曜日
午前の部 : 9:30〜11:30
午後の部 : 13:00〜15:30

試験内容

午前の部 : 平面測量10問/作図1問
午後の部 : [択一]「不動産の表示に関する登記」につき
必要と認められる事項(不動産登記法/民法他 計20問)
[書式]土地1問/建物1問

合格発表 例年:10月下旬〜11月上旬
口述試験
試験日 例年:11月中旬 (筆記試験合格者のみ)
試験内容 業務に必要な知識について、1人15分程度の面接試験
合格発表 例年11月下旬〜12月上旬

 

※東京法経学院の「土地家屋調査士 合格体験記」を見る!

 

※LECの「土地家屋調査士」を目指す方に向けて、お得なキャンペーンや制度を見る!

 

土地家屋調査士試験の合格率

他の難関試験同様に厳しい合格率になっており、毎年7%前後で推移しています。合格者の平均年齢が40歳前後という事で、学生が将来の為に受験する試験ではなく、業界関係者が複数回受験して合格する試験といえます。

 

年度 申込者数 合格者数 合格率
平成19年度 7,540名 503名 6.7%
平成20年度 7,270名 488名 6.7%
平成21年度 7,234名 486名 6.7%
平成22年度 6,739名 471名 7.0%
平成23年度 6,310名 390名 6.2%
平成24年度 6,007名 418名 7.0%
平成25年度 6,017名 412名 6.8%
平成26年度 5,754名 407名 7.1%
平成27年度 5,659名 403名 8.9%

 

土地家屋調査士試験の特徴

この試験は、正確な作図の作成や、関数の電卓を使った問題があり、暗記だけで合格できるという試験でありません。専門的な知識が必要な為、専門学校に通ったり、通信講座を利用するなど、わかりやすい解説やサポート(メールでの回答など)が無いと、途中で足踏みしやすい内容になっています。

 

土地家屋調査士試験の合格に必要な勉強時間と期間

土地家屋調査士の勉強時間は、専門学校の場合には、基礎講座、応用講座、過去問受験などで100回程度あり、かなりの授業数といえます。

 

さらに、学校の勉強の他に自習を行わないと合格できないので、最低1000時間程の勉強は必要です。
土地家屋調査士の勉強期間は専門学校のカリキュラムで、15カ月から20カ月程度になっています。

 

※東京法経学院の「土地家屋調査士 合格体験記」を見る!

 

※LECの「土地家屋調査士」を目指す方に向けて、お得なキャンペーンや制度を見る!

 

市販の本だけで土地家屋調査士試験に合格する事は可能なのか?

専門かつ高度な試験である「土地家屋調査士試験」を市販の本だけで勉強するのには無理があります。土地家屋調査士試験は、広範囲の民法と不動産登記法、土地家屋調査関連法規などの専門知識が必要です。

 

また、土地家屋調査士試験は、正確な作図の作成や、関数の電卓を使った問題があり、それらを具体的に説明した市販本がほとんど無いため、ここでつまずいてしまうことがあります。それゆえに、一人での勉強では難しいといわれています。絶対に土地家屋調査士試験の専門家の力を利用するべきです。

 

土地家屋調査士試験の効率的な勉強法

はじめて土地家屋調査士試験を受験する方は、合格実績の高い専門学校や講座を利用して、それをペースメーカーにして自習した方が絶対に効率的かつ効果的です。プロの講師たちが作ったカリキュラムや教材に従った方が確実に合格率が高まります。

 

土地家屋調査士試験に1回で合格する為の学習方法のまとめ

土地家屋調査士試験に1回で合格する為には、市販の本だけでは限界があります。合格率を高めるためには、1.専門学校に通う、2.通信講座で学習する、3.基礎学習は市販書で行い、試験対策として専門学校や通信講座の専門テキストでポイントを学習し、過去問や模擬試験をひたすら解きまくる のいずれかを行う必要があります。

 

土地家屋調査士試験に1回で合格する為に、おすすめの専門学校・通信講座はどこ?

土地家屋調査士試験対策の専門学校や通信講座の数は、専門的な分野の為、あまり多くありません。その中でおすすめできるのが東京法経学院です。東京法経学院は、土地家屋調査士試験の合格者の約半数を占めており、東京法経学院で学ぶ=合格への近道といえるのではないでしょうか。

 

土地家屋調査士試験に1回で合格する為におすすめの通学講座
学校名 学校・コース紹介 費用

東京法経学院

通学講座で総合点NO1!

 

平成28年度土地家屋調査士試験

  • 出願者数 5,658名
  • 受験者数 4,506名
  • 合格者数 402名(合格率は8.9%)

東京法経学院合格輩出実績 合格者402名中185名(輩出率46.0%

 

法律系資格取得のための通信・通学講座、書籍・参考書などの出版物や各種教材を取り扱っています。

 

取扱い資格は、司法書士・行政書士・土地家屋調査士・測量士補・社会保険労務士・宅地建物取引主任者等です。
特に土地家屋調査士は毎年合格占有率8割強の実績を誇る名門校です。

 

授業内容

基礎力養成講座 50回
応用力養成講座 21回 合計 71回の講座です。
(1年で取得を目指すコース)
 

関連動画

 

 

オフィシャルサイト

オフィシャルサイトでもっと詳しく見る!

 



 

347,700円
日建学院

電卓や定規の使い方から、理論・書式の基礎及び日建学院オリジナルメソッドを無理なく合理的に修得し、確実に合格を目指すカリキュラムです。

 

初学者の方はもちろん、日建学院オリジナルメソッドを修得したい経験者の方や、知識を再整理して合格を確実なものにしたい経験者の方にもオススメの コースです。


合格率の記載なし

 

授業内容

基礎講座など 約70回の講義(1年で取得を目指すコース) 

 

350,000円
LEC

通学講座で総合点NO2!

 

土地家屋調査士の午前の部の免除資格をお持ちでない方向けのコースです。 土地家屋調査士と測量士補(午前の部免除資格)を同時に学習することで、短期合格を実現させます。


合格率の記載なし

 

授業内容

インプット完成講座 全69回直前ファイナル答練 全8回測量士補スピード合格講座 全19回(1年で取得を目指すコース) 

 

関連動画

 

オフィシャルサイト

LEC

 

 

391,000円

 

土地家屋調査士試験に1回で合格する為におすすめの通信講座
講座名 講座紹介 費用

東京法経学院

通信講座で総合点NO1!

 

 

平成28年度土地家屋調査士試験

  • 出願者数 5,658名
  • 受験者数 4,506名
  • 合格者数 402名(合格率は8.9%)

東京法経学院合格輩出実績 合格者402名中185名(輩出率46.0%
 
法律系資格取得のための通信・通学講座、書籍・参考書などの出版物や各種教材を取り扱っています。取扱い資格は、司法書士・行政書士・土地家屋調査士・測量士補・社会保険労務士・宅地建物取引主任者等です。

 

特に土地家屋調査士は毎年合格占有率8割強の実績を誇る名門校です。

 

講座内容

基礎力養成講座 50回
応用力養成講座 21回 合計 71回の講座です。
(1年で取得を目指すコース)
 

 

 

オフィシャルサイト

オフィシャルサイトでもっと詳しく見る!

 



 

282,940
生涯学習のユーキャン

通信講座で総合点NO3!

全7巻のテキストは、試験の特徴・出題傾向を徹底分析したユーキャンオリジナル。法律を初めて学ぶ方でもムリなく学習を進められます。

 

 法律用語や専門用語などの「用語」解説、解説の理解を助ける「補足」説明、覚えやすい図解などで、より理解を深めることができます。


合格率の記載なし 

講座内容

メインテキスト:7冊添削:10回 を自分のペースで学習する。(1年で取得を目指すコース)

オフィシャルサイト

 

生涯学習のユーキャン

 

79,000
LEC

通信講座で総合点NO2!

土地家屋調査士の午前の部の免除資格をお持ちでない方向けのコースです。 土地家屋調査士と測量士補(午前の部免除資格)を同時に学習することで、短期合格を実現させます。

 

合格率の記載なし 

講座内容

インプット完成講座 全69回直前ファイナル答練 全8回測量士補スピード合格講座 全19回(1年で取得を目指すコース) 

 

オフィシャルサイト

LEC

 

 

323,000円

カテゴリー別 おすすめの学校(予備校) おすすめの通信講座(通信教育) 2018最新版!

(1) 法律系 2018最新版!
(2) 施設の責任者関連の試験 2018最新版!
(3) 技能系 2018最新版!
(4) 会計系 2018最新版!
(5) 飲食系 2018最新版!

(6) IT資格・パソコン系 2018最新版!
(7) 受験者数が多い試験 2018最新版!
(8) 不動産系 2018最新版!
(9) 公務員系 2018最新版!
(10) 福祉系 2018最新版!

(11) コンサル系 2018最新版!
(12) 旅行系 2018最新版!
(13) 幼児向け教育 2018最新版!
(14) 小中学生向け教育 2018最新版!
(15) 高校大学受験 2018最新版!

(16) 英語(英会話) 2018最新版!
(17) 家庭教師 2018最新版!
(18) 趣味や特技 2018最新版!
(19) 資格全般と学校全般 2018最新版!

資格系の資料請求

学校名 特徴
資格の大原
圧倒的な勉強量と問題演習で極めて高い合格率・内定率を誇る名門の専門学校です。情熱がある講師のもとで各種試験の合格を目指せます!
オフィシャルサイト
本気になったら大原♪
TAC
講座の特徴. 優秀な講師陣. 優れた指導が合格を実現する情熱あふれる講義とキメ細か な指導で、受験指導のプロが集うTAC講師。 受験生を最短で合格に導くため、試験 傾向を徹底的に分析し、重要ポイントを絞りこんだわかりやすい講義を行います。
オフィシャルサイト
TAC
LEC
特に法律関連の資格(司法書士・司法試験・行政書士・弁理士)に強い予備校です。初学者より中級者向けの授業に定評があります。
オフィシャルサイト
LEC
ユーキャン
ユーキャンのテキストは、初級者にわかりやすい作りが特徴で、 イメージしやすい表現を使っています。 また、通信講座専門校らしく、満点を狙うのではなく、確実に合格できるように、合格点を狙う学習を組んであります。ユーキャンには講義が付いていません。そのためどちらかというと、独学に近い学習になります。
オフィシャルサイト
生涯学習のユーキャン